沢山あり過ぎてワカラナイ

沢山あり過ぎてワカラナイ

調べてみたものの、沢山ありすぎて、ワカラナイ・・・(涙)と、たくさんの白髪染めを目の前にして、茫然と

 

している方へ。えぇえぇわかります、その気持ち・・・。多けりゃいいってもんじゃ、ないんですよね・・・。

 

と、多いことに文句を言ってしまうあたり、ちょっと気持ちがわからないでもありませんが、とにかく一番いいのは、いろいろと試してみて、自分に合った一品を見つけることが大切です。
白髪染めに一番求めるものはなんなのか。確かに白髪をしっかり染める、ということも大切ですが、香りに拘るのも楽しいですし、使い勝手に拘るのもアリです。
ちなみに、筆者の友達の髪の毛にちと拘りのある女子は、長年の白髪染め歴の中で、初めは美容室選びに拘り、次に、ヘアカラータイプで一通りの種類を網羅。続いて登場した、ムースタイプで落ち着いたかと思ったら、最後はトリートメントタイプに行き、今のところ落ち着いているようです・・・(笑)。彼女曰く、「年を取ったら、オシャレより、手間がかからないに限るわ。年取ったらとにかく面倒臭いのよ。」だそうです。筆者から見ると、それだけ試した時点で、オシャレに対して貪欲ですし、これはもう、拍手するしかない、という感じもしますが・・・。